若林 菜穂 個展「行く先々」

シーズプログラム東京 第20回

2018/3/18(日) – 3/25(日)

 

シーズプログラムとは、数寄和のギャラリー空間を若手作家に開放するプログラムです。
東京展 第20回は若林 菜穂 個展「行く先々」を開催いたします。

 


「無題」 910×727mm 油彩 2018年制作

 

 

時間や空間、あなたとわたしの間、これらの距離にイメージは宿ります。
“あいだ” というに似つかわしい距離に触れて、暫し息をして、今日まで歩いてきました。
行く先々で味わうものごと、そして一寸の予見を、カンヴァスの上に明すことが私の仕事です。

―若林菜穂 Naho Wakanabayashi

 

 

来歴
1991 東京都に生まれる
2017 武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業
 
個展
2014 「メビウスの切れ目」lamp(池袋)
2015 「fix the images」TANNE(水天宮前)
2016 「予定にない日」sanka(築地)
 
グループ展
2013 「トリアグラム」武蔵野美術大学(小平)
2014 「□□□」鑓水美術館(橋本)
「table cross」ターナーギャラリー(東長崎)
2015 「golde nage」武蔵野美術大学構内(小平)
2016 「アタミアートウィーク」ツイキレンタルスペース(熱海)
「GAW展in掛川」藤ヶ屋(掛川)
「sound of silence」武蔵野美術大学構内(小平)
2017 「武蔵野美術大学卒業・修了制作展」武蔵野美術大学(小平)
「五美術大学連合卒業制作展」国立新美術館(乃木坂)
「アタミアートウィーク」青い屋根の平屋(熱海)
「木曽ペインティングス」本陣(木曽)

 

受賞歴

2016年度武蔵野美術大学卒業制作展研究室賞